Process of a day

ふたりでリングを作る一日

「指輪を手作りする」と聞くと、何だか難しそうだし、少し身構えてしまうかもしれません。でも、職人が丁寧にプロセスを教えてくれるから、初心者でも安心。たった半日でペアリングが完成します。

制作所要時間 約3時間

IMG_1011

私たちが挑戦しました!

今回はサトルさん&ナナさんのお二人が職人の弘美さんと一緒にリング制作にチャレンジ!果たして本当に、たった半日で満足のいくペアリングに仕上がるのでしょうか?

三軒茶屋へGo!

MITUBACI RING FACTORYは東京の三軒茶屋駅から徒歩3分。東急田園都市線または世田谷線でアクセスできます。土地勘がない方は10分前到着がおすすめです。レトロな「ローヤルマンション」の4階までお越しいただき、受付をお済ませください。

受付

職人と話そう

ここで本日制作の手ほどきをする職人が登場。サンプルを比較しながら、「こんな指輪にしたい!」というイメージを伝えてください。

制作開始!

ローラーで延ばす

リングの材料となる地金の塊。これを、ローラーで棒状に延ばしていきます。金属は、叩いたり伸ばしたりして圧力をかけると、硬くなる性質(加工硬化)をおこすので­、これを繰り返し、密度を高めていきます。この工程が「鍛造製法」ならではの特徴で、丈夫なリングを作る事ができます。

30分経過

刻印にチャレンジ

棒状になったら、リングの裏側になる部分に刻印をしてみましょう。ふたりの記念日や名前などが自分で入れられる人気の工程です。お互いに考えたメッセージを順番に打っていくのもOK。その他、機械を使った刻印も選べます。

1時間経過

リング状にする

板状に伸ばした地金を、木づちとスティック状の芯金を使ってリングの­形に整形します。指輪の形になった地金を、圧縮する工具で、絞っていきます。この工程でさらに金属が丈夫になり、継ぎ目がなくなるよう「ロウ付け」という作業を行って、リングの原型が完成します。

どの指輪よりも、ぴったりのサイズになる!

その場に職人がいるから、製作しながら実際に自分たちの指にはめてみて、ぴったりサイズを合わせられます。既成品を購入するよりも、精度の高いサイズ合わせが可能です。

2時間経過

削って丸みをつける

リングの形になった地金を、専用の工具を使って整えていきます。

2時間30分経過

槌目模様をつける

できあがったプレーンのリングに、表面加工を行います。今回は槌目(つちめ)をセレクト。金槌をリングに打ちつけることで、表面に槌の模様が現れます。

人気の槌目加工

力強さとハンドクラフト感にあふれる、最も人気のある仕上げです。お客様の中には、お互いに相手の指輪の槌目を打つという方もいらっしゃいます。

3時間経過

完成!

ついにリングが完成しました!できたばかりの指輪は、当日すぐお持ち帰りいただけます。

試着してみよう

その日のうちに作ったとは思えない本格的なハンドメイドリングに大満足。二人で作った指輪は、結婚式の話のタネにもなりますね。作った当日にそのまま両家の顔合わせや、入籍された方もいらっしゃいますので、ご結婚の忙しい時期にもぴったりです。

制作後は・・・

三軒茶屋はデートにおすすめなおしゃれなお店がたくさん。作ったばかりの指輪をつけて、ぜひ三茶の街に繰り出してみてください。オリジナルランチマップもお配りしています。

槌目とダイヤの結婚指輪

今回の費用 ¥148,000 (税抜)

  • 1本目
  • 幅3.5mm (¥88,000)
  • プラチナ(+¥10,000)
  • 槌目仕上げ
  • 2本目
  • 幅2.5mm (¥45,000)
  • K18ゴールド(ピンク)
  • 槌目仕上げ
  • ダイヤモンド(+¥5,000)

Book now

ご予約・空き状況

ウェブサイトより簡単にご予約および空き状況がご確認いただきます。

トップへ戻る