History of the workshop

手作りを、歴史ある工房で。

MITUBACI RING FACTORYの工房の歴史は、1970年まで遡ります。約半世紀にわたってオーダーメイドジュエリーを手がけるFUJIMORIの指輪工房として、ADAMなどのブランド向けのリングを手がけてきました。その歴史ある工房を、個人のハンドクラフト文化の盛り上がりに応え、一般のお客様へ開放することを決意。創業以来大切にしてきた「職人の技術」を、お客様が体験する制作工程の手ほどきとして惜しみなく投入し、たとえ初心者の手作りであっても一生身につけられる満足感のある仕上がりを共に目指すことが、他のワークショップと大きく異なる点です。

ブランドについて

「MITUBACI RING FACTORY」は、三軒茶屋で多数の婚約指輪、結婚指輪の製造を行ってきた株式会社フジモリが運営を行っています。お客様ご自身の手によってジュエリー制作ができるというこのコンセプトは、イタリア・フィレンツェでジュエリーデザインを学んだ同社のオーナーデザイナーであり、二代目の代表を務める藤森隆の発案によって、長年の経験によって支えられる日本の職人の技術をより身近で、親しみやすい存在にしたいという思いから誕生しました。近年は環境の変化、思想の多様化により、物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさを追求する考え方が一般化しました。Made in Japanの力で、造り手の個性を形にする「MITUBACI RING FACTORY」のコンセプトは、国内はもちろん、海外からも多くの共感が寄せられています。

MITUBACIの意味

 「Mi tu baci(ミツバチ)」は「私にキスをして」を意味するイタリア語。「身に着けていれば、目の前にいなくとも大切な相手を感じられる指輪」を作ることを目指し名付けました。

Fujimori Inc.

株式会社フジモリ

創業:1970年6月
本店所在地:東京都世田谷区三軒茶屋2-14-10

fujimori

Book now

ご予約・空き状況

ウェブサイトより簡単にご予約および空き状況がご確認いただきます。

トップへ戻る